Latest Posts

ウッドデッキにフェンスを付ける

ウッドデッキを設置する際に、フェンスも付けようと思うと、その分コストが高くなってしまいます。
ではコストが高くなっても、フェンスを付ける価値があるのでしょうか?
ウッドデッキのフェンスの役割やフェンスの種類を紹介します。

まずウッドデッキのフェンスの役割は、目隠しの効果があります。
特に庭が道路に面している場合、人通りが気になって、ウッドデッキでリラックス出来ないかもしれません。
ですが、フェンスを付ける事で、目隠しされて、リラックス空間として活用する事が出来ます。

またウッドデッキにフェンスがあれば、その外観のオシャレ度がアップします。
せっかく念願の一戸建てを頑張って購入した訳です。
自分の理想を実現したいですよね。

それに、小さい子供やペットをウッドデッキで遊ばせる場合は、フェンスがあった方が落下を予防出来て安心です。
安心という点では、実はフェンスがあった方が、防犯効果もあると言われています。

外から目隠しになるという事は、家の中の様子が伺えないという事でもあります。
洗濯物をウッドデッキに干すという人もいるでしょう。
実は洗濯物で、家族構成などが分かる事があります。

だからこそ目隠し効果で、洗濯物や家の中の様子が見えないと、泥棒もリスクを犯したくないとターゲットに選ばないのです。

ウッドデッキにフェンスを付ける事自体は、それほど難しい施工ではありません。
ブロックの穴に支柱を立てるアルミ支柱や地面に穴を掘って支柱を立てる木製支柱が一般的な施工方法です。

では次にフェンスのデザインを紹介します。
「横張りウッドフェンス」は、言葉通り、材木を横に張りつけるシンプルなデザインです。
ですが、材木を細くしたり、隙間の間隔を変えたりする事で、デザインの雰囲気を変える事が出来ます。

「縦張りウッドフェンス」は、材木を縦に張りつけるシンプルなデザインです。
縦にするメリットは、雨水が溜まりにくく、和風の家にも洋風の家にも調和するという点です。

「格子状フェンス」は、複数の縦の線と横の線が交差したデザインです。
格子状フェンスのメリットは、人の目は遮る事が出来、光はしっかりと取り入れる事が可能な点です。
やはりウッドデッキは日当たりの良さが魅力なので、フェンスで日陰を作ってしまうのは、勿体ないと言えます。
格子状であれば、日当たりはいいままで、人目だけ遮る事が出来るので、機能性は抜群です。

またつる性の植物とも相性がいいので、ウッドデッキでガーデニングをしたい人にもおすすめです。
ウッドデッキにフェンスを付ける事で、ウッドデッキの魅力や機能面がアップします。
そのため迷っているのであれば、付ける事をおすすめします。

ペットのためにウッドデッキを設置する場合

ウッドデッキを設置するのは、ペットを遊ばせるためという人もいるでしょう。
室内では、なかなかスペースが確保出来ず、ゲージに入れてしまっている。
そんな家庭も少なくありません。

もちろん、散歩に連れて行く事も飼い主の役目ですが、日頃から自由に遊べる空間がある事も重要です。
ウッドデッキを設置する事で、ペットの運動不足やストレスの解消につながるはずです。

ではペットのために、ウッドデッキを設置する場合、どのような点に注意すればいいのでしょうか?
まず窓との段差です。人が降りる分には問題がなくても、ペットが自由に降りられないのでは困ります。
ペットのサイズにもよりますが、小さいサイズのペットの場合は、極力段差を作らないようにして下さい。
シニア犬など、足腰が弱ってきているペットには、スロープを付ける事も検討してみて下さい。

そして施工の際に、木材の隙間を空けないようにしましょう。
隙間があると、ペットの足の爪が入ってしまう可能性があるからです。

あと木材に関しては、耐久性やメンテナンスの手軽さを考慮して、人工木を選ぶ人も最近は増えてきています。
しかしペットのためにウッドデッキを設置するのであれば、絶対に天然木を選ぶようにして下さい。

なぜかというと、人工木では夏は熱く、夏は冷たくなってしまいます。
人は靴を履くため、問題はありませんが、ペットの場合は人工木だと肉球がヤケドする可能性があります。
せっかくペットのためにウッドデッキを設置したのに、夏と冬は利用出来ないなんて事にならないように、天然木を選ぶようにしましょう。

そして天然木を選び、塗料にも注意が必要です。
塗料は、防腐剤などの薬剤が含まれるため、口に含むと健康を損なう恐れがあります。
ペットでもウッドデッキを直接舐めるという行動はしなくても、直接触れた手足で毛づくろいをして、間接的に塗料を舐める可能性はゼロではありません。

そのため、安全性を考慮して、塗料は安全性の高いモノを選ぶようにして下さい。

他にもペットのためにウッドデッキを設置する際の注意点として、フェンスも付ける事をおすすめします。
立地状況にもよりますが、ウッドデッキの設置場所は、必ずしも庭の平面地とは限りません。
斜面になっていたり、段差になっていたり、車庫の上や屋上にウッドデッキを設置する家庭もあります。

このように高い位置にウッドデッキを設置すると、ウッドデッキにフェンスがなければ、ウッドデッキで遊んでいて、落下してしまう可能性もあります。なので、ウッドデッキからの落下を予防するために、フェンスをつけておきましょう。

そしてウッドデッキで遊んでいる様子は、リビングからでも見えるからと、少し離れた場所から様子見している飼い主もいるかもしれません。ですが離れてしまうとペットの体調の変化に気づくのが遅れてしまう可能性があります。
夏場は特に、体力を消耗しやすく、熱中症などになる事もあるため、小まめに水分を与えたり、長時間ウッドデッキに出さなかったりするように注意して下さい。

ウッドデッキにパーゴラやタープを設置

ウッドデッキのある一戸建てに憧れがある、そんな人も多いでしょう。
ウッドデッキがあるだけで、庭が素敵な空間に見えますよね。
ですが、ウッドデッキにパーゴラを付ける事で、さらにオシャレな空間度はアップします。

ではパーゴラ付きウッドデッキについて紹介します。
最初に、パーゴラって何?と思う人もいるかもしれません。
パーゴラとは、つる性の植物を絡ませる木材で組まれた棚の事です。

公園などで藤に覆われた藤棚(パーゴラ)を見た事がある人もいるでしょう。
藤棚で植物がカーテンの状態になり、日陰を作ってくれるので、藤棚の下にはベンチを置くのが最適です。

ウッドデッキは、日当たりの良さが魅力の1つです。
しかしながら、日射しが強いと、初夏から夏場にかけては暑すぎて、夕方以降しかウッドデッキを利用出来ない。
そんな家庭もあるかもしれません。

ですがパーゴラを設置すると、良い感じにウッドデッキに日陰のスペースが出来ます。
そのため日射しが強い時間帯でも、ウッドデッキを利用する事が可能になります。

また植物を絡ませるため、ガーデニング好きな人からすると、ガーデニングを立体的に楽しめます。
つる性の植物として、藤が有名ですが、それ以外にもいろいろな植物を植えてもいいでしょう。
蔓バラやクレマチス、ニンドウなども人気があります。

植物によって、花の咲く時期が異なるので、複数の植物を植えておき、1年を通じて花を楽しめる空間にするのもオススメです。

パーゴラは、基本的に柱はコンクリートで、棚は木製なので、木製部分をウッドデッキの材木と揃える事で、統一感を出す事が出来ます。
形状は、長方形のパーゴラが多いですが、正方形や扇形、台形、菱形、円形など様々な形の中から選択可能です。

また植物は植えずに、柱だけ設置したいという場合には、タープフレーム式の方がおススメです。
そしてタープフレーム式の柱をウッドデッキに設置すれば、ハンモックを楽しむ事が可能です。
日向ぼっこをしながら、ゆらゆらとハンモックでお昼寝なんて至福ですよね。

ウッドデッキに設置するなら、タープ・サンシェードもオススメです。
建物に固定金具を付けて設置するので、手軽に付ける事が可能です。

日よけ、紫外線カットはもちろん、実は室内のエアコンの効率にも影響をします。
なぜかというと、室内の温度が高い時、エアコンで部屋の温度を下がるには、かなりの電力を使います。

ですがタープ・サンシェードを付ける事で、外から日射しをカットしてくれるので、室内の温度上昇を抑えてくれます。
ウッドデッキにタープ・サンシェードを付ける事で、室内まで快適に過ごせるようになるという訳です。

基本的に日よけとして活用するため、雨よけにはなりません。
ですが小雨程度であれば、BBQを中止にせずに、タープ・サンシェードの下で濡れずに行う事が出来るでしょう。

傾斜地や変形でもウッドデッキの設置は可能

一戸建てが傾斜に建っている場合、当然庭も傾斜地になります。
では、傾斜地にウッドデッキを設置する事は可能なのでしょうか?

それは傾斜地の角度や立地条件によって、答えは変わってきます。
また依頼を請け負う専門業者の力量も問われるでしょう。
つまりAという専門業者で、断られたとしても、Bという専門業者では依頼を受けてくれる可能性もあります。

傾斜地に無理にウッドデッキを設置しなくても、そう思う人もいるかもしれません。
ですがむしろ逆で、傾斜地だからこそウッドデッキを設置するべきだと言えます。
傾斜地のままの状態だと、庭の活用法がほぼ皆無です。

庭を活用したかったら、傾斜地にウッドデッキを設置して、人工的に平地を作るしかありません。
また傾斜地だからこそ眺めは最高で、まるで展望デッキみたいになります。

傾斜地以外にも、立地条件でウッドデッキを諦めている人はいるかもしれません。
ですが、敷地に段差がある場合は、段差を上手に活用して、ウッドデッキを設置する事が可能です。

高低差がある場合でも、ウッドデッキを鉄骨で強度を確保すれば、設置する事は十分に可能だと言えます。

庭が狭く、しかも四角形ではなく、変形している。
そんな一戸建ても少なくありませんよね。
ですが、そんな場合でもタープ用の柱とフレームを活用する事で、変形を上手に活かした広々としたウッドデッキを設置する事が出来る可能性があります。

このように傾斜地や変形でも、ウッドデッキを設置する事は可能ですが、注意点もあります。
それは平面にウッドデッキを設置するよりも、基礎や柱の強度をしっかりさせる必要があります。
そのためどうしても、ウッドデッキの設置にかかる費用は高くなってしまいます。

費用が高くなる事で、設置をためらう人もいるかもしれません。
ですがウッドデッキを設置しなければ、活用出来ない死んだ土地だった訳です。
そんな土地にだって、毎年固定資産税は発生します。

それならもっと自分の所有している土地を有効活用する方が、ずっとお得だと思いませんか?
自分の立地条件で、ウッドデッキの設置が出来るかどうか不安な人は、まずは複数の業者に相談してみましょう。
1つの業者に相談しただけなら、断られて諦める事になるかもしれません。

ですが中には傾斜地や変形にウッドデッキを設置した、実績が多く、得意としている業者も存在するはずです。
業者選びのポイントに、施工事例で、傾斜地や変形地のケースが挙げられているかどうかもチェックしてみましょう。
傾斜地や変形は、費用相場が高いからこそ、業者によって費用にも差がつきやすく、見積もりで比較する事も重要です。

屋上ウッドデッキはデメリットを知ろう

地価が高い都心部では、庭付き一戸建てを購入する事は大変です。
しかしながら、庭がない代わりに屋上がある一戸建てが以前に比べて増加傾向にあります。

屋上であれば、広々とスペースを確保する事が出来ますし、アウトリビングとして活用する事が可能です。では、屋上ウッドデッキについて紹介していきます。

せっかく屋上があっても、ほとんど活用出来ていない。
そんな家庭も多いかもしれません。
ですが、屋上にウッドデッキを設置すれば、活用シーンも増えるでしょう。

屋上は日当たりがいいので、家庭菜園に向いています。
また立地条件によって異なりますが、花火が見える場所であれば、夏の夜に花火鑑賞なんて素敵です。ホームパーティも屋上のウッドデッキですると、いつもとは違う非日常的な空間になります。

BBQやビアガーデンを自宅で気軽に楽しめるのも、屋上ウッドデッキならではの楽しみ方だと言えます。

ではそんな屋上ウッドデッキのメリットとデメリットについて紹介します。
まず物件選びの段階で、屋上ウッドデッキに憧れて、屋上の一戸建てを選ぶという人もいるかもしれません。ですが屋上がある一戸建てと屋上がない一戸建てを比較した場合、屋上がある一戸建ての方が雨漏りのリスクが高まります。

これはウッドデッキ設置の有無に関係なく、家の構造上の問題です。
なぜかというと、屋根の場合は雨水が溜まる心配がありませんが、屋上だと平面です。
そのため、どうしても雨水が溜まりやすく、水捌けをよくするために、桶などを設けてあるケースも少なくないでしょう。

しかしそれでも水捌けが多少改善されても、完全に雨水が溜まらなくなるという状態にはなりません。そのため水捌けが悪い場所に、ウッドデッキを設置してしまうと、湿気の問題が生じます。
ウッドデッキの材料は、木材なので、水に弱く、水捌けが悪いと腐ってしまうリスクがあります。

もちろん人工木を使用し、天然木でも湿気に強く耐久性が高い材木を選ぶ事は出来ます。
ですがそれでも、庭やマンションのバルコニーに設置するよりも、耐久年数は短くなってしまうでしょう。

雨漏りのリスク以外にも、屋根にはいくつかの役割を兼ね備えています。
それは防水性、断熱性、通気性の3つです。
これらの屋根の機能が、屋上を設ける事で機能しにくくなり、家の構造としては屋上がある事で家が弱体化するという事を理解しておきましょう。

ウッドデッキの専門施工店が解説するウッドデッキ初心者向けの作り方解説

あと、屋上がある一戸建てと屋上がない一戸建てとでは、家のコストが異なります。
当然屋上がある一戸建ての方が割高な価格設定となっています。
さらに屋上ウッドデッキを設置するコストも発生するため、初期費用はかなりかかってしまいます。

そのため屋上ウッドデッキを設置する時には、デメリットも理解した上で設置するようにして下さい。