地価が高い都心部では、庭付き一戸建てを購入する事は大変です。
しかしながら、庭がない代わりに屋上がある一戸建てが以前に比べて増加傾向にあります。

屋上であれば、広々とスペースを確保する事が出来ますし、アウトリビングとして活用する事が可能です。では、屋上ウッドデッキについて紹介していきます。

せっかく屋上があっても、ほとんど活用出来ていない。
そんな家庭も多いかもしれません。
ですが、屋上にウッドデッキを設置すれば、活用シーンも増えるでしょう。

屋上は日当たりがいいので、家庭菜園に向いています。
また立地条件によって異なりますが、花火が見える場所であれば、夏の夜に花火鑑賞なんて素敵です。ホームパーティも屋上のウッドデッキですると、いつもとは違う非日常的な空間になります。

BBQやビアガーデンを自宅で気軽に楽しめるのも、屋上ウッドデッキならではの楽しみ方だと言えます。

ではそんな屋上ウッドデッキのメリットとデメリットについて紹介します。
まず物件選びの段階で、屋上ウッドデッキに憧れて、屋上の一戸建てを選ぶという人もいるかもしれません。ですが屋上がある一戸建てと屋上がない一戸建てを比較した場合、屋上がある一戸建ての方が雨漏りのリスクが高まります。

これはウッドデッキ設置の有無に関係なく、家の構造上の問題です。
なぜかというと、屋根の場合は雨水が溜まる心配がありませんが、屋上だと平面です。
そのため、どうしても雨水が溜まりやすく、水捌けをよくするために、桶などを設けてあるケースも少なくないでしょう。

しかしそれでも水捌けが多少改善されても、完全に雨水が溜まらなくなるという状態にはなりません。そのため水捌けが悪い場所に、ウッドデッキを設置してしまうと、湿気の問題が生じます。
ウッドデッキの材料は、木材なので、水に弱く、水捌けが悪いと腐ってしまうリスクがあります。

もちろん人工木を使用し、天然木でも湿気に強く耐久性が高い材木を選ぶ事は出来ます。
ですがそれでも、庭やマンションのバルコニーに設置するよりも、耐久年数は短くなってしまうでしょう。

雨漏りのリスク以外にも、屋根にはいくつかの役割を兼ね備えています。
それは防水性、断熱性、通気性の3つです。
これらの屋根の機能が、屋上を設ける事で機能しにくくなり、家の構造としては屋上がある事で家が弱体化するという事を理解しておきましょう。

ウッドデッキの専門施工店が解説するウッドデッキ初心者向けの作り方解説

あと、屋上がある一戸建てと屋上がない一戸建てとでは、家のコストが異なります。
当然屋上がある一戸建ての方が割高な価格設定となっています。
さらに屋上ウッドデッキを設置するコストも発生するため、初期費用はかなりかかってしまいます。

そのため屋上ウッドデッキを設置する時には、デメリットも理解した上で設置するようにして下さい。