ウッドデッキにフェンスを付ける

ウッドデッキを設置する際に、フェンスも付けようと思うと、その分コストが高くなってしまいます。
ではコストが高くなっても、フェンスを付ける価値があるのでしょうか?
ウッドデッキのフェンスの役割やフェンスの種類を紹介します。

まずウッドデッキのフェンスの役割は、目隠しの効果があります。
特に庭が道路に面している場合、人通りが気になって、ウッドデッキでリラックス出来ないかもしれません。
ですが、フェンスを付ける事で、目隠しされて、リラックス空間として活用する事が出来ます。

またウッドデッキにフェンスがあれば、その外観のオシャレ度がアップします。
せっかく念願の一戸建てを頑張って購入した訳です。
自分の理想を実現したいですよね。

それに、小さい子供やペットをウッドデッキで遊ばせる場合は、フェンスがあった方が落下を予防出来て安心です。
安心という点では、実はフェンスがあった方が、防犯効果もあると言われています。

外から目隠しになるという事は、家の中の様子が伺えないという事でもあります。
洗濯物をウッドデッキに干すという人もいるでしょう。
実は洗濯物で、家族構成などが分かる事があります。

だからこそ目隠し効果で、洗濯物や家の中の様子が見えないと、泥棒もリスクを犯したくないとターゲットに選ばないのです。

ウッドデッキにフェンスを付ける事自体は、それほど難しい施工ではありません。
ブロックの穴に支柱を立てるアルミ支柱や地面に穴を掘って支柱を立てる木製支柱が一般的な施工方法です。

では次にフェンスのデザインを紹介します。
「横張りウッドフェンス」は、言葉通り、材木を横に張りつけるシンプルなデザインです。
ですが、材木を細くしたり、隙間の間隔を変えたりする事で、デザインの雰囲気を変える事が出来ます。

「縦張りウッドフェンス」は、材木を縦に張りつけるシンプルなデザインです。
縦にするメリットは、雨水が溜まりにくく、和風の家にも洋風の家にも調和するという点です。

「格子状フェンス」は、複数の縦の線と横の線が交差したデザインです。
格子状フェンスのメリットは、人の目は遮る事が出来、光はしっかりと取り入れる事が可能な点です。
やはりウッドデッキは日当たりの良さが魅力なので、フェンスで日陰を作ってしまうのは、勿体ないと言えます。
格子状であれば、日当たりはいいままで、人目だけ遮る事が出来るので、機能性は抜群です。

またつる性の植物とも相性がいいので、ウッドデッキでガーデニングをしたい人にもおすすめです。
ウッドデッキにフェンスを付ける事で、ウッドデッキの魅力や機能面がアップします。
そのため迷っているのであれば、付ける事をおすすめします。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA