傾斜地や変形でもウッドデッキの設置は可能

一戸建てが傾斜に建っている場合、当然庭も傾斜地になります。
では、傾斜地にウッドデッキを設置する事は可能なのでしょうか?

それは傾斜地の角度や立地条件によって、答えは変わってきます。
また依頼を請け負う専門業者の力量も問われるでしょう。
つまりAという専門業者で、断られたとしても、Bという専門業者では依頼を受けてくれる可能性もあります。

傾斜地に無理にウッドデッキを設置しなくても、そう思う人もいるかもしれません。
ですがむしろ逆で、傾斜地だからこそウッドデッキを設置するべきだと言えます。
傾斜地のままの状態だと、庭の活用法がほぼ皆無です。

庭を活用したかったら、傾斜地にウッドデッキを設置して、人工的に平地を作るしかありません。
また傾斜地だからこそ眺めは最高で、まるで展望デッキみたいになります。

傾斜地以外にも、立地条件でウッドデッキを諦めている人はいるかもしれません。
ですが、敷地に段差がある場合は、段差を上手に活用して、ウッドデッキを設置する事が可能です。

高低差がある場合でも、ウッドデッキを鉄骨で強度を確保すれば、設置する事は十分に可能だと言えます。

庭が狭く、しかも四角形ではなく、変形している。
そんな一戸建ても少なくありませんよね。
ですが、そんな場合でもタープ用の柱とフレームを活用する事で、変形を上手に活かした広々としたウッドデッキを設置する事が出来る可能性があります。

このように傾斜地や変形でも、ウッドデッキを設置する事は可能ですが、注意点もあります。
それは平面にウッドデッキを設置するよりも、基礎や柱の強度をしっかりさせる必要があります。
そのためどうしても、ウッドデッキの設置にかかる費用は高くなってしまいます。

費用が高くなる事で、設置をためらう人もいるかもしれません。
ですがウッドデッキを設置しなければ、活用出来ない死んだ土地だった訳です。
そんな土地にだって、毎年固定資産税は発生します。

それならもっと自分の所有している土地を有効活用する方が、ずっとお得だと思いませんか?
自分の立地条件で、ウッドデッキの設置が出来るかどうか不安な人は、まずは複数の業者に相談してみましょう。
1つの業者に相談しただけなら、断られて諦める事になるかもしれません。

ですが中には傾斜地や変形にウッドデッキを設置した、実績が多く、得意としている業者も存在するはずです。
業者選びのポイントに、施工事例で、傾斜地や変形地のケースが挙げられているかどうかもチェックしてみましょう。
傾斜地や変形は、費用相場が高いからこそ、業者によって費用にも差がつきやすく、見積もりで比較する事も重要です。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA